一般論で言うと、冬の寒い時期は交感神経が緊張しやすく、夏はその逆で、交感神経はあまり緊張しません。とはいえ、体温を越えるくらいの気温になってしまうと、実は暑さもストレスになります。つまり交感神経が緊張してしまうのです。冬ほど長い期間ではありませんが、真夏も身体に負担がかかっているわけですね。

 

交感神経が緊張すると、身体は緊張を起こすのですが、その時血流やリンパ液等の体液は滞りがちになります。そして体液が停滞傾向になってしまうと、カラダに不具合が発生します。

 

それで、不具合の生じるタイミングが、厳しい暑さが多少なりとも緩和し、身体の緊張が解けるときです。要するに季節の変わり目ですね。今でも日中日差しが強いとかなり暑く感じますが、朝晩は随分と過ごしやすくなってきましたが、それはつまり、身体に不具合が出始める時期、しんどい時期なのです。

 

真夏の暑かった時期に、エアコンで身体を冷やし過ぎたり、冷たいものを摂りすぎたりした人ほど、ダメージも大きく、よりいっそうしんどく感じてしまうものです。 

 

従いまして、夏から秋に差し掛かる今の時期は体調を崩しやすい時期でもありますので、これまで以上に、しっかり休息をとって疲労を翌日に持ち越さないことが大切になるわけですね。

 

そういう意味では、健康という観点から考えると、秋の大型連休は非常に有意義ですね。もう、一週間後に迫りましたが、連休をひたすら遊びに費やすのではなく、身体の休息のために利用したいところです。皆様方におかれましては、くれぐれもご自愛くださいませ。